家賃に対する補助額を増額する

家賃補助の増額が進む

ドライバー求人の内容を見てみると、福利厚生として家賃補助があると記載されていることが多くなりました。求人票には具体的な家賃補助の金額が記載されていないことが多いですが、全体的な傾向として補助の金額が手厚くなってきている様子があります。賃貸住宅で生活する人のために住居手当として支給するのが一般的で、ドライバー求人では一定の条件を満たすと全額支給になる場合もあります。企業によっては賃貸住宅の家賃補助だけでなく、持ち家の家庭にも一定額の住宅手当を支給して、固定資産税や住宅ローンの支払いに使えるようにしてくれていることも多くなりました。金額には上限があることが多いですが、全体としては増額が進んできています。

社員寮を整備する傾向もある

ドライバー求人の内容を見てみると社員寮に住めると記載されていることもあります。持ち家の人や賃貸住宅を借りる予定がある人の場合には補助があるのが魅力的ですが、ドライバーになる時点で住む場所が決まっていない・どこに住んだらよいかわからないという場合もあるでしょう。ドライバーにもさまざまな種類があるので、仕事に合わせて働きやすい場所に住みたい場合には個別に考えて住む場所を探さなければなりません。住居探しは大きな負担なので、社員寮を整備して働きやすくて住みやすい環境を整える傾向も強まってきました。勤務場所から近い、あるいはシャトルバスなどがある社員寮に破格で住める企業も多くなっているので、ドライバー求人を探すときには念頭に置いておきましょう。