2012年から常に右肩上がり

ドライバー求人の求人倍率は上がり続けている

ドライバー求人は2012年の時点から有効求人倍率が上がり続けています。2012年以降はずっとドライバーを必要としている企業が多くなり、必死に獲得しようと求人を出している状況があります。ドライバーにはトラックドライバー、バスドライバー、タクシードライバーなどのさまざまな種類がありますが、全体として不足している状況が続いてきたことがわかるデータです。ドライバー求人は常に求人サイトや転職サイトでも多数掲載されていて、ハローワークでも紹介されることがよくあります。求人倍率がずっと右肩上がりになっていることを考えると、仕事探しをするならドライバー求人を候補として検討するのがおすすめです。運転好きなら魅力的な仕事に従事できるチャンスがあります。

今後に下がるリスクはあるのか

ドライバーの有効求人倍率がずっと上がってきているのは事実ですが、今後下がっていくのではないかと思う人もいるかもしれません。実際には今後下がるリスクはほとんどありません。ドライバーが仕事として人気になり、多くの人が応募するようになれば求人倍率が下がる可能性はあります。ただ、実際には需要が高騰しているのに供給が追い付いていない状況があるので、応募者が増えたとしても有効求人倍率は上がるでしょう。オンラインショッピングをする人が増えて長距離トラックや家庭への配送の必要性は高まり続けています。高速バスやチャーターバスの活用、タクシーの利用も増えてきているので、ドライバー求人は今後も増えていくと考えられます。